指のしばり

指のしばり

  • Physical (direct)
    Ships by Anshin-BOOTH-Pack
    Ships within 4 days
    500 JPY

A5サイズ、全49ページ。 第29回文学フリマ東京(2019年11月24日開催)で頒布した恋愛小説です。 ◯あらすじ◯ 今林へそ彦という男が職場の係長に恋をし、6月から10月にかけて考えたこと。 ベランダの隣室との境にある壁は「隔板」と呼ぶらしい。「キャベツ」の語源は「頭」だという。「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは?など名前に関するあれやこれや。 また、へそ彦には文字に色が見える共感覚があるが、彼にしか見えないその色は妄想で、存在しない色なのか。 とりとめもなく、結論もなく悩むへそ彦の様子をご確認ください。

About shipping
Shipped from warehouse

These products are shipped from BOOTH warehouse as soon as payment is confirmed.

Shipped from home

These products are packed and shipped from the seller. "Ships within ~ days" are the estimated number of days from when payment is confirmed at BOOTH until the item is shipped.
Items shipped by Anshin-BOOTH-Pack will be delivered anonymously.

Download item

You will be able to download these products from "Purchase History" at any time after payment is confirmed.

Shipped from pixivFACTORY

These products are manufactured and shipped by pixivFACTORY as soon as payment is confirmed.

A5サイズ、全49ページ。 第29回文学フリマ東京(2019年11月24日開催)で頒布した恋愛小説です。 ◯あらすじ◯ 今林へそ彦という男が職場の係長に恋をし、6月から10月にかけて考えたこと。 ベランダの隣室との境にある壁は「隔板」と呼ぶらしい。「キャベツ」の語源は「頭」だという。「おしるこ」と「ぜんざい」の違いは?など名前に関するあれやこれや。 また、へそ彦には文字に色が見える共感覚があるが、彼にしか見えないその色は妄想で、存在しない色なのか。 とりとめもなく、結論もなく悩むへそ彦の様子をご確認ください。